内閣府の発表によると、2015 年の保育施設(認定こども園・幼稚園・保育所等)での事故は399 件。
(出典:「教育・保育施設等における事故報告集計」の公表及び事故防止対策について
幼児や乳児の緊急時に慌てることなく、心肺蘇生法とAED を用いた一次救命処置(救急隊や医師に引継ぐまで
の間に行う応急手当)がどれだけできるかでその後の暮らしに大きな影響が出ます。
日頃の訓練によって、リスクを大幅に低減することができます。
よいこ救急の保育施設職員向け研修プログラムなら以下のことが習得できます。

対処

慌てずに、一次救命処置を行えるようになり、スムーズに救急隊・医療機関への引き渡しができるようになります。

連携

日常の保育現場での対処を想定することで、職員間の連携が向上します。

家庭でも

保護者向けプログラムもございます。ご家庭での対処法を習得していただくことによって、保護者支援も図れます。

セミナー・ワークショップ

保育施設職員向け研修プログラム

<講習内容>
・園内で実践できる応急手当のポイント
・最低限の胸骨圧迫、AEDの操作
・緊急対応訓練
※保育・教育現場を具体的(いつ、誰が、どこで、どんな状態で、子どもの人数、大人の人員体勢など)にイメージし、その際の対応方法や、対応手順を考える

25,000円/回~

講習に関する質問は、問い合せからお尋ね下さい。

その他、保護者向けプログラムもございます。家庭内でできる応急手当のポイント等保護者を支援することで、安心して子育てできる環境づくりを目指します。お気軽にご相談ください。

お問い合わせはコチラ

さらに資格取得・スキルアップ希望の方には
MEDIC First Aid

1.ケアプラスTMCPRとAED-全年齢層(4.5時間)

全年齢層(乳幼児~成人)のCPRとAED  15,000円/人~

2.チャイルドケアプラスTM(8.0時間)

全年齢層(乳幼児~成人)のCPRとAEDと応急手当  20,000円/人~

MEDIC First Aid トレーニングセンター

お問い合わせ